本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。すこやかこどもクリニックです。

治療方針policy&FAQ

治療方針

・小児科の急性疾患(風邪、胃腸炎など)、慢性疾患(てんかん、気管支喘息、アトピー、花粉症など)の診療
・脳性麻痺、筋ジストロフィー、発達障害、自閉症などの障がいをお持ちの方の診察。
・感染症、嘔吐・下痢などで、入院を要さない程度の外来での点滴治療

小児一般診察

これまでの長年の経験に基づき、こどもにやさしい治療を心がけています。夏かぜ、インフルエンザなどの感染症、乳児湿疹、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患についても子どもの目線にたって丁寧な診察を行っています。基本的に投薬治療が中心ですが、最小限になるよう留意しています。なお強い湿疹、アトピー性皮膚炎には標準的な量のステロイド外用薬を処方しています

てんかんの治療方針

 院長はてんかん学会認定てんかん専門医、指導医です。これまで数百人の小児から成人までのけいれん疾患の診察の経験があります。検査のこともあり初診は15歳未満としています。入院検査などは静岡てんかん神経医療センターと連携し、その後の治療を当院で行っています。

1.けいれん発作、意識消失がてんかん発作か否か、発作状況や問診等で判断します。全身のけいれん?意識減損?点頭てんかんのスパズム?
発作がビデオ、デジカメなど動画にとれればご持参ください。
2.それらの発作から、できる限り、てんかんの発作分類、病型分類を行います。強直間代発作?欠神発作?ミオクロニー発作?などの全般発作。単純部分発作?複雑部分発作?
3.脳波検査については、他院に依頼し、その結果をご説明いたします。他院の脳波検査などがあれば、持参御願いします。
4.総合的に判断し、推奨される抗てんかん薬を説明いたします。
他院受診中で、現在の服薬でよいか、今の治療方針で問題がないかなどご心配ごとがあれば、診察します。紹介状の有無は問いません。ただし漢方療法、他の民間療法には対応していません。一般的な抗てんかん薬の治療になります。
 ただし当院では他の疾患の患者様も診察していますので、十分な時間がとれない場合、初診以降に別の日に診察をお願いすることがございますのでご了承ください。特に初診の際は電話にて予約してください(再診は通常の時間でよろしいです)。土曜日は十分な時間がとれません。


自閉症、発達障害、AD/HDの治療方針

  院長は日本小児神経学会の小児神経専門医です。発達など心配な点があれあば診察いたします。就学児未満の方を対象とさせていただきます。学齢児以上はスクールカウンセラーに相談してください。ただし専門施設のように十分な時間がとれないことがありますので、ご了承ください。基本的には本人疾患の保険診察になり、家庭環境調整、学校、行政等への対応は行いません。
ゲーム依存症、パーソナリティー障害、不登校、学校での不適応、暴力なども対応していません。心理療法、療育訓練、WISCなど複雑な知能検査、言語療法などもできません。
基本的に継続薬物療法のみ対応しています
。6歳以上から15歳未満であればコンサータ、インチュニブ、ストラテラなどの処方も可能です。それ以外に診断書、障害児福祉手当認定診断書、特別児童扶養手当診断書の記載も行います(診断書類は自費になります)。
1.日常生活、幼稚園での生活など現在の状況について聞き取りをいたします。必要があれば、簡易的な知能検査を行うことがあります。
2.聞き取った内容から、薬物療法の必要性などを判断します。
3.必要があれば、療育、言語療法が可能な施設を紹介いたします。
ただし、十分な時間がとれない場合、初診以降に別の日に診察をお願いすることがありますのでご了承ください。特に初診の際は電話にて予約してください(再診は通常の時間でよろしいです)。土曜日は十分な時間がとれません。

FAQ よくあるお問い合わせ

脳波検査はできますか?
現在のところ、脳波検査機器や検査技師の都合がつかないため、行っておりません。必要時は他の医療機関に紹介しております。